コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田虞軒 とみた ぐけん

1件 の用語解説(富田虞軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田虞軒 とみた-ぐけん

1624-1687 江戸時代前期の儒者。
寛永元年生まれ。摂津の人。寛文5年備前岡山藩主池田光政(みつまさ)の侍講。9年藩校の開設とともに講師をつとめた。天和(てんな)2年朝鮮通信使の一行が牛窓(うしまど)にたちよったさい通信使と唱和した詩文が「牛窓詩」におさめられている。貞享(じょうきょう)4年6月死去。64歳。名は元(玄)真。別号に静斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富田虞軒の関連キーワードコックス寛永岡清兵衛キリシタンソテロ福島正則歌舞伎年代記佐渡金山東海道二条城

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone