富田虞軒(読み)とみた ぐけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田虞軒 とみた-ぐけん

1624-1687 江戸時代前期の儒者。
寛永元年生まれ。摂津の人。寛文5年備前岡山藩主池田光政(みつまさ)の侍講。9年藩校の開設とともに講師をつとめた。天和(てんな)2年朝鮮通信使の一行が牛窓(うしまど)にたちよったさい通信使と唱和した詩文が「牛窓詩」におさめられている。貞享(じょうきょう)4年6月死去。64歳。名は元(玄)真。別号に静斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android