コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒林に骸を打つ カンリンニカバネヲウツ

デジタル大辞泉の解説

寒林(かんりん)に骸(かばね)を打つ

死後、悪道に落ちて苦しんだ人の霊魂が、その苦しみを自分の肉体が働いた悪業のためだといって、寒林にある自らの死体をむち打ったという「天尊説阿育王譬喩経」にみえる説話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんりんにかばねをうつ【寒林に骸を打つ】

〔「天尊説阿育王譬喩経」などによる〕
悪道に堕ちた亡者が、現在受けている苦は前世で肉体の行なった悪業の報いだといって自分の死骸を鞭むち打ったという故事。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android