悪道(読み)あくどう

精選版 日本国語大辞典「悪道」の解説

あく‐どう ‥ダウ【悪道】

〘名〙
① 現世で悪事を行なった者が、死んでからおちていく所。地獄・餓鬼・畜生の三悪道、または阿修羅を加え、四悪道という。悪趣
※観智院本三宝絵(984)上「若戒むことを持ずば常に悪道に可堕し」
② (形動) 悪い行ない。酒色にふけったり遊蕩したりすること。また、好ましくないふざけたふるまいをするさま。
※日葡辞書(1603‐04)「Acudǒni(アクダウニ) ワシル〈訳〉放縦に罪悪にふける」
※咄本・学習院本昨日は今日の物語(1614‐24頃)上「悪とうなるしんぼち、ししゃうのきをとりうしなふときに」 〔孔子家語‐五儀解〕

あしき【悪】 道(みち)

(「悪道」の訓読) =あくどう(悪道)
源氏(1001‐14頃)帚木「濁りにしめる程よりも、なまうかびにては、かへりてあしきみちにも漂ひぬべくぞおぼゆる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android