コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悪道 アクドウ

デジタル大辞泉の解説

あく‐どう〔‐ダウ〕【悪道】

悪趣(あくしゅ)」に同じ。⇔善道
悪い行い。酒色にふけること。
「子としては親を善に導くべきを、反(かへ)って―へ陥れしむること有るべきや」〈都鄙問答

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

悪道

森村誠一の長編時代小説。2010年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

あくどう【悪道】

[0] 歩きにくい道。悪路。
[2][0] 〘仏〙 この世での悪事の報いとして、死後におちる苦悩の世界。六道のうちの地獄・餓鬼・畜生の三道。悪趣。
[2][0] 悪いおこない。酒色にふけること。放蕩ほうとう。 「人の小息子そそのかし-に引き入れる/浄瑠璃・生玉心中

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

悪道
あくどう

悪趣」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

悪道の関連キーワード寒林に骸を打つ名数小辞典三途の闇森村誠一悪しき道三途の川四向四果無三悪趣生玉心中餓鬼道四悪趣火血刀三悪趣三悪道施餓鬼地獄道畜生道五悪趣三趣三障

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悪道の関連情報