コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒河尼 さむかわのあま

2件 の用語解説(寒河尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寒河尼 さむかわのあま

1138-1228 平安後期-鎌倉時代,源頼朝(よりとも)の乳母。
保延(ほうえん)4年生まれ。下野の豪族八田宗綱の娘。小山政光(おやま-まさみつ)の妻となり,朝政(ともまさ),宗政(長沼宗政),宗朝(結城朝光)を生む。頼朝の挙兵の際などに功があったとして,文治(ぶんじ)3年下野寒河郡と網戸(あじと)郷の地頭に任じられた。網戸尼ともよばれる。安貞2年2月4日死去。91歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

寒河尼

没年:安貞2.2.4(1228.3.11)
生年:保延4(1138)
平安後期・鎌倉時代の女性。源頼朝の乳母のひとり。八田宗綱の娘,下野(栃木県)の豪族小山政光の妻,結城朝光の母。治承4(1180)年10月,武蔵国隅田宿にあった頼朝を訪れ,頼朝より末子朝光に烏帽子を授けられている。乳母の子が主君の烏帽子子となるという緊密な関係がみられる。また,小山一族をいちはやく頼朝に従わせた功をもって,下野国寒河郡(小山市)と網戸郷(小山市)を拝領。そのため網戸尼とも呼ばれ,頼朝と政子にはことに重んじられた。

(田端泰子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

寒河尼の関連キーワード寒河尼埼玉県立浦和高校松田町のふるさと鉄道バイバルス無門関道元一条実雅太田康有近衛家実七条院

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone