寛正の大飢饉(読み)かんしょうのだいききん

百科事典マイペディアの解説

寛正の大飢饉【かんしょうのだいききん】

中世最大の飢饉といわれる1461年(寛正2年)の飢饉。前年の長雨,異常低温,台風などにより近畿・山陰・北陸地方が大飢饉となり,窮乏した難民が京都に集まったが,餓死者は8万人以上,加茂(かも)川は一面餓死者で覆われたという。翌年京都・河内・奈良など広範囲で寛正の土一揆が起きた。→長禄・寛正の飢饉
→関連項目飢饉碧山日録

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android