コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛正の大飢饉 かんしょうのだいききん

1件 の用語解説(寛正の大飢饉の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

寛正の大飢饉【かんしょうのだいききん】

中世最大の飢饉といわれる1461年(寛正2年)の飢饉。前年の長雨,異常低温,台風などにより近畿・山陰・北陸地方が大飢饉となり,窮乏した難民が京都に集まったが,餓死者は8万人以上,加茂(かも)川は一面餓死者で覆われたという。
→関連項目飢饉碧山日録

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

寛正の大飢饉の関連キーワード享保の飢饉天保の飢饉天明の飢饉ウォルフラムフォンエッシェンバハ寛正トマスアクィナスワルターフォンデアフォーゲルワイデ越後追分久保木貞幸康吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone