コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛正の大飢饉 かんしょうのだいききん

百科事典マイペディアの解説

寛正の大飢饉【かんしょうのだいききん】

中世最大の飢饉といわれる1461年(寛正2年)の飢饉。前年の長雨,異常低温,台風などにより近畿・山陰・北陸地方が大飢饉となり,窮乏した難民が京都に集まったが,餓死者は8万人以上,加茂(かも)川は一面餓死者で覆われたという。
→関連項目飢饉碧山日録

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

寛正の大飢饉の関連キーワード加茂川[町]土一揆

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android