コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛正の大飢饉 かんしょうのだいききん

百科事典マイペディアの解説

寛正の大飢饉【かんしょうのだいききん】

中世最大の飢饉といわれる1461年(寛正2年)の飢饉。前年の長雨,異常低温,台風などにより近畿・山陰・北陸地方が大飢饉となり,窮乏した難民が京都に集まったが,餓死者は8万人以上,加茂(かも)川は一面餓死者で覆われたという。
→関連項目飢饉碧山日録

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

寛正の大飢饉の関連キーワード加茂川[町]土一揆

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android