コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寝惚ける ネトボケル

デジタル大辞泉の解説

ね‐とぼ・ける【寝×惚ける】

[動カ下一][文]ねとぼ・く[カ下二]ねぼける」に同じ。「何を―・けたことを言ってるんだ」

ね‐ぼ・ける【寝×惚ける】

[動カ下一][文]ねぼ・く[カ下二]
目が覚めたばかりでまだ頭がよくはたらかず、ぼんやりしている。「起き抜けの―・けた顔」
眠ったままの状態で起き上がって、無意識におかしな言動をする。「―・けて夜中に起き上がる」
わけのわからない言動をする。分別のないことを言う。「今ごろ何を―・けたことを言うんだ」
色がぼけてはっきりしなくなる。「―・けた色の壁紙」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねとぼける【寝惚ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 ねとぼ・く
ねぼける」に同じ。 「 - ・けたことを言うな」

ねぼける【寝惚ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 ねぼ・く
目が覚めても意識や感覚が戻らず、ぼんやりしている。 「 - ・けた顔」 「何を-・けたことを言っているのだ」 「 - ・けにける心地に/堤中納言 思はぬ方に
就寝中に、目が覚めないままの状態で起き上がり、おかしな行動をする。 「時々-・けて歩き回る」
色などが不鮮明である。 「 - ・けたような色」 「小紋の羽織の-・けたのばかりは恐れるね/金色夜叉 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android