寡君(読み)かくん

精選版 日本国語大辞典「寡君」の解説

か‐くん クヮ‥【寡君】

〘名〙 (「」は寡で徳が少ない) 臣下が他国の人に対して、自分の主君をへりくだっていういい方。
※続日本紀‐大宝三年(703)閏四月辛酉「寡君不幸、自去秋、以今春薨」
※松井本太平記(14C後)四「寡(クヮ)君勾践運窮まり、勢尽て呉の兵に囲まれぬ」 〔春秋左伝‐桓公一八年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「寡君」の解説

か‐くん〔クワ‐〕【寡君】

《徳のすくない主君の意から》他国の人に対して自分の主君をへりくだっていう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「寡君」の解説

【寡君】か(くわ)くん

自国の主君。他に対していう。〔左伝、僖四年〕(楚の使者)對(こた)へて曰く、の入らざるは寡君の罪なり。敢て共給せざらんや。昭王の復(かへ)らざるは、君其れ(こ)れを水濱に問へと。

字通「寡」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android