コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寡徳 カトク

デジタル大辞泉の解説

か‐とく〔クワ‐〕【寡徳】

身に備わる徳望が少ないこと。自身をへりくだっていうのに用いる。「このような仕儀となりましたのも私の寡徳の致すところです」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かとく【寡徳】

徳の少ないこと。また、その人。自分を卑下していうのに用いる。 「みんな自分の-の致す所で/坊っちゃん 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寡徳の関連キーワード坊っちゃん寡君菲徳薄徳