コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

か〔クワ〕【寡】

人数または勢力の少ないこと。⇔
「―は遂に衆の敵ではなかった」〈芥川・老いたる素戔嗚尊
配偶者のない人。やもめ。「を守る」

か【寡】[漢字項目]

常用漢字] [音](クヮ)(呉)(漢) [訓]すくない やもめ
少ない。「寡言寡少寡聞寡黙寡欲衆寡多寡
(徳の少ない意から)古代中国で、王侯が謙遜していう自称。「寡君寡人
独り者。配偶者のない人。夫に死なれた女。「寡婦鰥寡(かんか)
[難読]寡婦(やもめ)

やも‐め【寡/寡婦/×孀/×鰥/鰥夫】

(寡・寡婦・孀)夫のいない女。また、夫を失った女。未亡人。後家(ごけ)。寡婦(かふ)。
(鰥・鰥夫)妻のいない男。また、妻を失った男。男やもめ。やもお。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

か【寡】

すくないこと。 ↔ 「 -を以つて衆に当り/近世紀聞 延房
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【やもめ】より

…元来,〈やもめ〉の語は《日本書紀》などには寡,寡婦の字があてられ,夫をなくした女,夫のない独身の女を意味し,妻をなくした男は〈やもお〉と呼ばれ,鰥の字があてられた。一方,〈女やもめに花が咲く,男やもめに蛆(うじ)がわく〉という諺にみられるように,〈やもめ〉という言葉は男女双方をさすこともあり,また,結婚せずに独身を通す者に対して用いられることもある。…

※「寡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寡の関連キーワードエヴジニア ピグレフスカヤテクノデモクラシートゥキュディデスJ.M. コスタエフィアルテス寡頭支配の鉄則オリガーキークリティアス都市自治体法ソロレート三十人僭主政体循環論紫外線殺菌ペロピダス鰥夫・寡男衆寡敵せず軽諾寡信寡頭政治小国寡民金権政治

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寡の関連情報