コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寡婦控除 かふこうじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寡婦控除
かふこうじょ

寡婦の生活上のハンディキャップに着目して,所得税および住民税などの所得課税に際してその税負担を軽減するために制度上認められている所得控除の一つ。 1979年度現在,所得税においては扶養親族または基礎控除以下の所得しかない子をもつ寡婦か,扶養親族等を有しない未亡人で年所得 500万円以下の者 (老年者を除く) に年額 27万円 (所得税法2条1項 31号,81) ,同じく住民税においては 26万円 (地方税法 34条1項8号,314条の2,1項8号) の所得控除が認められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

寡婦控除の関連キーワード嫡出でない子寡夫控除母子福祉

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android