コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寡婦控除(読み)かふこうじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寡婦控除
かふこうじょ

寡婦の生活上のハンディキャップに着目して,所得税および住民税などの所得課税に際してその税負担を軽減するために制度上認められている所得控除の一つ。 1979年度現在,所得税においては扶養親族または基礎控除以下の所得しかない子をもつ寡婦か,扶養親族等を有しない未亡人で年所得 500万円以下の者 (老年者を除く) に年額 27万円 (所得税法2条1項 31号,81) ,同じく住民税においては 26万円 (地方税法 34条1項8号,314条の2,1項8号) の所得控除が認められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寡婦控除の関連情報