コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寡婦控除 かふこうじょ

2件 の用語解説(寡婦控除の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寡婦控除
かふこうじょ

寡婦の生活上のハンディキャップに着目して,所得税および住民税などの所得課税に際してその税負担を軽減するために制度上認められている所得控除の一つ。 1979年度現在,所得税においては扶養親族または基礎控除以下の所得しかない子をもつ寡婦か,扶養親族等を有しない未亡人で年所得 500万円以下の者 (老年者を除く) に年額 27万円 (所得税法2条1項 31号,81) ,同じく住民税においては 26万円 (地方税法 34条1項8号,314条の2,1項8号) の所得控除が認められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

寡婦控除

女性の納税者が所得税法上の寡婦の場合に受けられる所得控除のことです。27万円が控除されます。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寡婦控除の関連キーワードハンディキャップハンデハンディキャップレースハンギングキャップself handicapping視覚ハンディキャップテニスハンディキャップ(ゴルフ)ハンディキャップ(身体障害)ダブルペリア方式ハンディキャップ走

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寡婦控除の関連情報