コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寥落 リョウラク

デジタル大辞泉の解説

りょう‐らく〔レウ‐〕【×寥落】

荒れ果ててすさまじいこと。荒廃すること。
「凡て戦争は―を持来たす」〈独歩・愛弟通信〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうらく【寥落】

( 名 ・形動タリ )
荒れ果ててすさまじい・こと(さま)。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

寥落の関連キーワード両・了・亮・令・僚・兩・寥・寮・料・梁・涼・漁・燎・猟・獵・療・瞭・稜・糧・綾・繚・良・諒・輛・遼・量・陵・霊・領

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android