コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈しむ/愛しむ イツクシム

デジタル大辞泉の解説

いつくし・む【慈しむ/愛しむ】

[動マ五(四)]目下の者や弱い者に愛情を注ぐ。かわいがって大事にする。「わが子を―・む」
[補説]平安時代の「うつくしむ」が、「いつ(斎)く」への連想などの結果、語形が変化し、中世末ごろ生じた語。
[可能]いつくしめる

うつくし・む【慈しむ/愛しむ】

[動マ四]かわいがる。いつくしむ。大切にする。うつくしぶ。
「憎げなる稚児(ちご)を、己(おの)が心地の愛(かな)しきままに、―・み、愛しがり」〈・九六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いつくしむ【慈しむ】

( 動五[四] )
〔「うつくしむ」の転〕
かわいがって、大事にする。 「我が子のように-・む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

慈しむ/愛しむの関連キーワード大人は赤子の心を失わずオジー オズボーン玉(たま)平安時代ユーモア一木一草長幼の序雲雀山惜しむ形容詞我が子連想稚児補説語形目下

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android