可愛がる(読み)かわいがる

精選版 日本国語大辞典「可愛がる」の解説

かわい‐が・る かはい‥【可愛がる】

〘他ラ五(四)〙 (形容詞「かわいい」の語幹接尾語「がる」の付いたもの)
① かわいいと思う気持を態度に表わす。愛らしいと思ったり、同情したりして、やさしく大事に扱う。愛する。かわゆがる。かあいがる。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)一〇「人の児をも、こちから子の如くかわいかり」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「己(うぬ)が児(がき)ばっかり可愛(カハイ)がりゃアがって」
② なぐったりいじめたりすることをいう。また、スポーツなどで、きびしい練習で鍛えることもいう。
※ノリソダ騒動記(1952‐53)〈杉浦明平〉七「漁民をばサザエのような拳で五、六回ずつ可愛がった模様である」

かあい‐が・る【可愛がる】

〘他ラ五(四)〙 (形容詞「かあいい」の語幹に接尾語「がる」の付いたもの) かわいいと思う気持を態度に表わす。愛らしいと思ったり、同情したりしてやさしく大事に扱う。愛する。かわいがる。
※洒落本・禁現大福帳(1755)三「こな様達(さんたち)も大躰(たいてい)可愛(カアイ)がって甘やかして」

かわゆ‐が・る かはゆ‥【可愛がる】

〘他ラ四〙 (形容詞「かわゆい」の語幹に、接尾語「がる」の付いたもの) =かわいがる(可愛━)
※虎明本狂言・伯養(室町末‐近世初)「われらをはけんげう連のかはゆがらせらるる」
※俳諧・炭俵(1694)下「宵々の月をかこちて旅大工〈依々〉 脊中へのぼる児をかはゆがる〈桃隣〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「可愛がる」の解説

かわい‐が・る〔かはい‐〕【可愛がる】

[動ラ五(四)]
かわいらしいと思って、優しく扱う。「子供を―・る」
ひいきする。目をかけてやる。「ひいき筋に―・られた役者」
(反語的に用いて)痛い目にあわせる。手荒く扱う。しごく。「そいつを―・ってやれ」
[可能]かわいがれる
[類語]慈しむいとおしむ愛でる愛する寵愛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android