寸志(読み)すんし

精選版 日本国語大辞典「寸志」の解説

すん‐し【寸志】

〘名〙
① わずかばかりの、こころざし。少しの気持。また、自分のこころざしをへりくだっていう語。寸心寸情微意
明衡往来(11C中か)中末「今有此仰。彌動侍」
浄瑠璃・孕常盤(1710頃)二「且は小松が寸志の忠義とげぬも便なく候へば」 〔梁簡文帝‐奉請上開講啓〕
② 心ばかりの贈り物。ささやかな進物。また、少しばかりのもてなし。自分の贈り物やもてなしをへりくだっていう語。薄謝
※実隆公記‐文明一六年(1484)一〇月八日「自甘露寺茶湯料寸志事」
③ 誠意のあふれたちょっとした行為やことば。厚意の一端。厚情。
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)九「本蔵殿の寸志(すンし)により、敵地の案内知たる上は、泉州堺の天河屋儀平方へも通達し」
④ ちょっとしたさしさわり。また、ちょっとした疑問の気持。文句。手ぬかり。
※人情本・花筐(1841)三「『お湯は沸いてゐますかエ』『そりャア寸志(スンシ)はねえわナ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「寸志」の解説

すん‐し【寸志】

少しばかりの志。自分の志をへりくだっていう語。「寸志を表す」
心ばかりの贈り物。自分の贈り物をへりくだっていう語。贈り物ののし紙の上などに書かれる。
わずかなさしさわりや不満。
「どうだ、―はあるめえね」〈総生寛・西洋道中膝栗毛
[類語]中元歳暮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android