コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺田彦八郎 てらだ ひこはちろう

1件 の用語解説(寺田彦八郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺田彦八郎 てらだ-ひこはちろう

1846-1913 明治時代の実業家。
弘化(こうか)3年8月1日生まれ。寺田彦太郎の長男。生地静岡県福島村(福田(ふくで)町)で父の養魚業をつぎ,明治12年ごろ本格的にボラ,ウナギの養殖をはじめた。16年水産博覧会で褒状をうけ,同地方の産業としての発展の基礎をつくる。金原明善(きんばら-めいぜん)の天城山の植林などにも協力した。大正2年6月23日死去。68歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寺田彦八郎の関連キーワード光の科学史新聞小説デトリングバルカン戦争ヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山ガレ仁孝天皇デニング

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone