コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺田彦太郎 てらだ ひこたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺田彦太郎 てらだ-ひこたろう

1822-1903 幕末-明治時代の殖産家,政治家。
文政5年2月4日生まれ。寺田彦八郎の父。遠江(とおとうみ)(静岡県)福田(ふくで)村の庄屋(しょうや),天保(てんぽう)13年大庄屋となる。荒地開墾や河川・港湾の整備に尽力し,塩田事業,ウナギの養殖業をいとなむ。明治27年衆議院議員(当選3回,憲政本党)。明治36年10月6日死去。82歳。号は観海

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寺田彦太郎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android