コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺田彦太郎 てらだ ひこたろう

1件 の用語解説(寺田彦太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺田彦太郎 てらだ-ひこたろう

1822-1903 幕末-明治時代の殖産家,政治家。
文政5年2月4日生まれ。寺田彦八郎の父。遠江(とおとうみ)(静岡県)福田(ふくで)村の庄屋(しょうや),天保(てんぽう)13年大庄屋となる。荒地開墾や河川・港湾の整備に尽力し,塩田事業,ウナギの養殖業をいとなむ。明治27年衆議院議員(当選3回,憲政本党)。明治36年10月6日死去。82歳。号は観海。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寺田彦太郎の関連キーワード科学史造園柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone