寺田彦太郎(読み)てらだ ひこたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺田彦太郎 てらだ-ひこたろう

1822-1903 幕末-明治時代の殖産家,政治家。
文政5年2月4日生まれ。寺田彦八郎の父。遠江(とおとうみ)(静岡県)福田(ふくで)村の庄屋(しょうや),天保(てんぽう)13年大庄屋となる。荒地開墾や河川・港湾の整備に尽力し,塩田事業,ウナギの養殖業をいとなむ。明治27年衆議院議員(当選3回,憲政本党)。明治36年10月6日死去。82歳。号は観海

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android