コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対敵 タイテキ

デジタル大辞泉の解説

たい‐てき【対敵】

[名](スル)
敵にむかうこと。敵として相対すること。敵対。「対敵する構えを見せる」
敵とする相手。
「―の党より弁駁(べんばく)せられ」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいてき【対敵】

( 名 ) スル
敵と相対すること。敵対。 「国を挙て『欧州』各国に-する/新聞雑誌 24
相手。敵。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

対敵の関連キーワード剔・摘・擲・敵・滌・滴・狄・的・笛・荻・適ルブラン(Albert Lebrun)インターハンデル事件J.P. ラウレルキャノン ジャック戦争(war)ミハイロビッチショータン連邦捜査局ボイコット和田 肇軍事作戦ラウレルノーマン心理戦争新聞雑誌作戦計画作戦行動敵産管理護身術

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対敵の関連情報