射場始(読み)いばはじめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「射場始」の解説

射場始
いばはじめ

平安時代,毎年 10月5日に宮中射場殿 (いばどの) で行われた弓術始の儀式昌泰1 (898) 年に始る。このののち,翌年正月,射礼 (じゃらい) ,賭弓 (のりゆみ) などを行うため,射場を開きはじめる意味でこの名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「射場始」の解説

いば‐はじめ【射場始】

〘名〙 中古、一〇月五日に、宮中の弓場殿(ゆばどの)で行なわれた弓術始めの儀式。天皇がお出ましになって、公卿以下殿上人の賭弓(のりゆみ)を御覧になるもの。弓場始め。《季・冬》〔江家次第(1111頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android