コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射場始(読み)いばはじめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

射場始
いばはじめ

平安時代,毎年 10月5日に宮中射場殿 (いばどの) で行われた弓術始の儀式。昌泰1 (898) 年に始る。この儀ののち,翌年正月,射礼 (じゃらい) ,賭弓 (のりゆみ) などを行うため,射場を開きはじめる意味でこの名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる