コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射場殿 イバドノ

世界大百科事典 第2版の解説

いばどの【射場殿】

射殿,弓場殿(ゆばどの)ともいう。平安宮内裏にあり,恒例の賭射(のりゆみ)の際に天皇が臨む所。校書殿(きようしよでん)の東廂の北に設けられた。射は正月18日に賞をかけて近衛・兵衛に射芸を争わせる年中行事で,824年(天長1)に初めて見える。834年(承和1)に紫宸殿の西南廊をとりこわして,校書殿と安福殿の東側に射場を設け,賭射を行うようになる。射場殿は863年(貞観5)に初めてみえるが,射場設定とともに設けられたものであろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

射場殿の関連キーワード射場始

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android