コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弓場始 ゆばはじめ

2件 の用語解説(弓場始の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゆばはじめ【弓場始】

武家の歳首の年中行事。弓始,的(まと)始ともいう。流鏑馬(やぶさめ),笠懸,犬追物などのような騎射に対して,正月に催される弓矢の行事の多くは,歩射つまり徒歩で矢を射た。正月に行われる矢弓行事は,練武のためというよりも,年初の吉凶を卜し,邪鬼を払う呪術的な信仰があったものと思われる。弓場始は朝廷における射礼(じやらい)にならったものだが,弓矢の行事であるだけに,とくに武家社会に発達をみた。鎌倉幕府の成立とともに,弓場始は武家儀礼としての性格を新たにし,おおむね正月中の10日前後を選んで行い,射手は6人または10人,ときには12人を左右に番(つが)い,それぞれ10回ずつ射させ,将軍も親しくその式に臨んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弓場始
ゆばはじめ

10月5日、天皇が弓場殿に出られ、弓の競技をご覧になる儀式。明年正月の賭弓(のりゆみ)の準備のために、前年の10月に射場(いば)開きをした。また、射場始ともいう。弓矢を天皇の御座の左右に立て、その成績によって射分銭や絹を賞として賜る。これは、中国の『礼記(らいき)』にある、天子が将師に命じて武を習わせるために射を行ったということを、わが国に取り入れて始まったとされる。10月3日に左右衛門が堋(あずち)とも書く。土を塀状に築き、弓の的を描いたもの)を弓場に設け、当日は公卿(くぎょう)以下、束帯姿で弓射を行う。鎌倉・室町時代には弓始、的始と称した。[山中 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弓場始の関連キーワード建武年中行事年中行事年中行事絵巻歳首時令武家方的始め大的上覧年中行事の障子School Calendar

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone