精嚢(読み)せいのう

精選版 日本国語大辞典「精嚢」の解説

せい‐のう ‥ナウ【精嚢】

〘名〙 男子生殖器の一部。前立腺(ぜんりつせん)の後ろ上方で輸精管に付随する左右一対の小さな袋状臓器。精液の一部をなす粘液を分泌する。細管によって輸精管の末端部と合流して射精管となり、尿道に開口する。貯精嚢とも呼ばれるが、精を貯えることはなく、射精されなかった精子の破壊と吸収が主な機能。精嚢腺(せいのうせん)。〔解体新書(1774)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「精嚢」の解説

精嚢【せいのう】

男性の生殖器官の一部で,膀胱(ぼうこう)底部精管膨大部外側にある1対の紡錘形器官。広い内腔とその周囲を埋める多数の憩室からなる。精管末端とともに射精管に開口する。精液貯蔵ではなく,射精されなかった精子の破壊吸収に関係するとされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「精嚢」の解説

せい‐のう〔‐ナウ〕【精×嚢】

男性の生殖器の一。膀胱(ぼうこう)の底部後方に左右一対あり、射精管に開口している。粘液を分泌する。哺乳類以外では精子をたくわえるので貯精嚢とよぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android