コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尉繚子 ウツリョウシ

4件 の用語解説(尉繚子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うつりょうし〔ウツレウシ〕【尉繚子】

中国、戦国時代の兵法書。尉繚の著とされるが、尉繚の事跡については未詳。仁義・正道による兵法を説く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

尉繚子【うつりょうし】

中国の戦国時代の兵学書。尉繚の著。5巻。《孫子》等とともに兵家七書の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

うつりょうし【尉繚子】

中国、戦国時代の兵法書。五巻二四編現存。尉繚の説を集録したものとされるが、偽書とする説もある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尉繚子
うつりょうし

中国古代の兵法書。武経(ぶけい)七書の一つ。戦国時代の兵法家、のち秦(しん)の始皇帝(しこうてい)に仕え、国尉(こくい)(軍部の長官)に任ぜられた尉繚(うつりょう)の著書。『漢書(かんじょ)』の「芸文志(げいもんし)」雑家(ざっか)に『尉繚』29編、兵形勢家(へいけいせいか)に『尉繚』31編とみえるが、現存の5巻24編は、後者のそれが残存したものとされている。三国時代以後の偽書とする説もあったが、1972年、山東省臨沂(りんぎ)県銀雀山(ぎんじゃくざん)漢墓から出土した『尉繚子』の竹簡によって、覆されることになった。[篠田雅雄]
『野口定男他訳『中国古典文学全集4 史記上 秦始皇本紀 第6』(1958・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尉繚子の関連キーワード呉起孫子三略孫呉孫臏孫武虎の巻六韜六韜三略小笠原氏隆

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尉繚子の関連情報