コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尉繚子 ウツリョウシ

デジタル大辞泉の解説

うつりょうし〔ウツレウシ〕【尉繚子】

中国、戦国時代兵法書。尉繚の著とされるが、尉繚の事跡については未詳。仁義・正道による兵法を説く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

尉繚子【うつりょうし】

中国の戦国時代の兵学書。尉繚の著。5巻。《孫子》等とともに兵家七書の一つ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

うつりょうし【尉繚子】

中国、戦国時代の兵法書。五巻二四編現存。尉繚の説を集録したものとされるが、偽書とする説もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尉繚子
うつりょうし

中国古代の兵法書。武経(ぶけい)七書の一つ。戦国時代の兵法家、のち秦(しん)の始皇帝(しこうてい)に仕え、国尉(こくい)(軍部の長官)に任ぜられた尉繚(うつりょう)の著書。『漢書(かんじょ)』の「芸文志(げいもんし)」雑家(ざっか)に『尉繚』29編、兵形勢家(へいけいせいか)に『尉繚』31編とみえるが、現存の5巻24編は、後者のそれが残存したものとされている。三国時代以後の偽書とする説もあったが、1972年、山東省臨沂(りんぎ)県銀雀山(ぎんじゃくざん)漢墓から出土した『尉繚子』の竹簡によって、覆されることになった。[篠田雅雄]
『野口定男他訳『中国古典文学全集4 史記上 秦始皇本紀 第6』(1958・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

尉繚子の関連キーワード百里の海も一夫に飲ましむる能わず銀雀山漢墓武経七書剣徴呉子偽書七書