コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊任 そんにん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊任 そんにん

1625-1691 江戸時代前期の僧。
寛永2年生まれ。時宗佐渡(新潟県)大願寺の見林にまなぶ。寛文8年遊行(ゆぎょう)上人42世をつぐ。仙洞(せんとう)御所南門の額を書し,霊元天皇から南門の号をゆるされる。天和(てんな)3年相模(さがみ)(神奈川県)藤沢の清浄光寺住持となり,同寺の復興につくした。大僧正元禄(げんろく)4年9月15日死去。67歳。佐渡出身。俗姓は佐藤。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尊任の関連キーワードJamesジェームズチャールズ1世インノケンチウス12世オレンジ結社越後屋ヨーハン・ゲオルク3世伊丹勝政狩野洞雲エリザベス朝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android