コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊円城間 そんえん ぐすくま

2件 の用語解説(尊円城間の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊円城間 そんえん-ぐすくま

1542-1612 琉球の政治家,書家。
尚清王16年3月26日生まれ。三司官をつとめる。尊円の称は尊円入道親王がひらいた御家流(おいえりゅう)の書をよくしたことによる。1597年の浦添道路開削の碑文や「和漢朗詠集」「徒然草(つれづれぐさ)」を書写したものがのこる。尚寧王24年3月26日死去。71歳。本名は城間盛久。唐名は翁寄松(おう-きしゅう)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

尊円城間

没年:尚寧24(1612)
生年:尚清16(1542)
琉球・第二尚氏時代の書家,政治家。本名城間盛久,唐名は翁寄松。その書は鎌倉末期から南北朝時代の能書・尊円親王の書流である尊円流(青蓮院流)の影響を受け,和様に巧みであった。尊円城間の呼び名もその書流にちなむといわれる。仮名書きになる「浦添道路開削碑」はその代表作とされる。

(古谷稔)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

尊円城間の関連キーワード徳川家康ダッケの反乱尊円城間平岩親吉イタリア演劇パシオ勧修寺光豊ルドルフ[2世]九鬼嘉隆築山殿

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone