コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小人河馬 コビトカバ

デジタル大辞泉の解説

こびと‐かば【小人河馬】

偶蹄(ぐうてい)目カバ科の哺乳類体形は普通のカバに似るがはるかに小形で、体長1.7~2メートル、体重200~275キロ。西アフリカの森にすみ、水中にはあまり入らない。20世紀初頭に発見された。国際保護動物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こびとかば【小人河馬】

カバ科の哺乳類。肩高約70センチメートル、体重200キログラム 内外。普通のカバと違って、指間に水かきがない。体は紫褐色。湿地を好み、草や樹根などを食べる。西アフリカのリベリア・ギニアなどの森林にすむ。国際保護動物。リベリアカバ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

小人河馬 (コビトカバ)

学名:Choeropsis liberiensis
動物。カバ科のカバ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

小人河馬の関連キーワードリベリア河馬リベリアカバリベリア水かき

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android