小人罪なし玉をいだいて罪あり(読み)しょうじんつみなしたまをいだいてつみあり

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうじん【小人】 罪(つみ)なし玉(たま)をいだいて罪(つみ)あり

(「春秋左伝‐桓公一〇年」の「周諺有之、匹夫無罪、懐璧其罪」による言葉) 品性の卑しい人でも、初めから罪を犯すものではなく、ただ、身分不相応の財宝を持つと、えてして罪を犯すようになる。
※歌舞伎・日本晴伊賀報讐(実録伊賀越)(1880)序幕「小人(セウジン)(ツミ)なし玉(タマ)を抱(イダ)いて罪(ツミ)ありと、彼も日頃の愚直ゆゑ、老屈なして竹光に中身を替へしばっかりに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報