小原 光雲(読み)オハラ コウウン

20世紀日本人名事典の解説

小原 光雲
オハラ コウウン

大正・昭和期の華道家 小原流生け花第2代家元。



生年
明治13(1880)年12月

没年
昭和13(1938)年8月13日

出生地
島根県松江市

本名
小原 光一郎

経歴
小原流生け花の始祖・小原雲心の長男。父に呼び寄せられて大阪に移り、はじめ商人を目指すが、小原流興隆のため25歳で華道家に転身。大正5年父の死を受けて小原流家元を継承。以来、積極的に生け花展を開催し、ラジオや新聞・雑誌などで講座を受け持つなど、生け花の大衆化に尽力。また後継者を育成するため、技法や教授法を整備した。大阪花道協会長などを歴任し、自由花系諸流派の旗頭を務めたほか、作者としても秀で、天皇皇后御座所でもたびたびその腕前を披露。これらの活動の甲斐あって、小原流は先代以上の隆盛を誇るようになった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android