コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小太鼓 コダイコ

3件 の用語解説(小太鼓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐だいこ【小太鼓】

小形の太鼓。
サイドドラム

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こだいこ【小太鼓】

洋楽の打楽器の一。浅い円筒形の胴の両面に膜を張り、下面にはさらに響線が張ってある小形の太鼓。上面を一対の桴ばちで打って奏する。主に吹奏楽や軍楽隊などが用いる。スネア-ドラム。サイド-ドラム。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の小太鼓の言及

【太鼓】より

…ただし,〈太鼓〉という言葉が指す楽器は,それを用いる種目ごとに,その特定のもののみを狭義にいう場合もあり,たとえば能においては猿楽太鼓(さるがくだいこ)ともいわれる締太鼓(しめだいこ)のことを,単に〈太鼓〉という。また,洋楽器のドラム類の訳語として〈太鼓〉の語を用い,バス・ドラム,ゴング・ドラムなどを〈大太鼓(おおだいこ)〉,サイド・ドラム,スネア・ドラム類を〈小太鼓(こだいこ)〉と称することもある。特殊な用例としては,幇間(ほうかん∥たいこもち)の別称として用いられたりするが,その語源は,定めがたい。…

※「小太鼓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小太鼓の関連情報