コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小室翠雲 こむろ すいうん

3件 の用語解説(小室翠雲の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小室翠雲

南画家。群馬県生。名は貞次郎。田崎草雲に師事する。高島北海荒木十畝らと正派同志会を組織し、文展新派と対抗、第2回文展より毎年受賞し、審査員となる。田近竹邨矢野橋村らと日本南画院を創立、南画の大御所として活躍した。帝国芸術院会員・帝室技芸員。昭和20年(1945)歿、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小室翠雲 こむろ-すいうん

1874-1945 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治7年8月31日生まれ。田崎草雲にまなぶ。明治40年文展開設に際し,正派同志会を結成し文展新派に対抗。のち文展審査員。大正10年矢野橋村(きょうそん)らと日本南画院を設立。13年帝国美術院会員。昭和19年帝室技芸員。昭和20年3月30日死去。72歳。群馬県出身。本名は貞次郎。代表作に「寒林幽居」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小室翠雲
こむろすいうん
(1874―1945)

日本画家。群馬県館林(たてばやし)生まれ。名は貞次郎、字(あざな)は翠雲。南画を田崎草雲(そううん)に、詩文を山下雪窓に学ぶ。草雲の死後上京して南宗画会、日本美術協会に出品、その才を認められる。1907年(明治40)文展開設ののち、その審査員の選定をめぐって新旧両派の抗争があった際、高島北海(ほっかい)、荒木十畝(あらきじっぽ)らと正派同志会を結成して文展新派に対抗した。第2回文展以後毎年受賞し、第9回文展以後は審査員となり、24年(大正13)帝国美術院会員、44年(昭和19)帝室技芸員に任ぜられた。この間、21年には田近竹邨(たぢかちくそん)、矢野橋村らと日本南画院を創立、41年には大東南画院を設立。また、雑誌『南画鑑賞』を主宰して南画の普及に努めるなど、近代南画壇の重鎮であった。代表作に『寒林幽居図』などがある。[星野 鈴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小室翠雲の関連キーワード井元為三郎大谷登河野秀男橘旭翁(2代)田中譲頼母木駒子十時弥中崎俊秀能村磐夫山内佐太郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小室翠雲の関連情報