コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木十畝 あらき じっぽ

5件 の用語解説(荒木十畝の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

荒木十畝

日本画家。長崎県生。初号は琴湖。名は悌二郎。上京して荒木寛畝に師事、のちその養嗣子となる。花鳥を得意とする。文展審査員・日本画会顧問・読画会会長・芸術院会員。昭和19年(1944)歿、72才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あらき‐じっぽ【荒木十畝】

[1872~1944]日本画家。長崎の生まれ。寛畝(かんぽ)に学び、のち養子となる。文展・帝展で活躍した旧派系の代表的画家。代表作「寂光」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木十畝 あらき-じっぽ

1872-1944 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治5年9月3日生まれ。荒木寛畝(かんぽ)にまなび,のち娘婿となる。明治30年日本画会を創立。花鳥画を得意とし,文展,帝展に出品,43年日英大博覧会で「初夏」が金牌。芸術院会員。昭和19年9月11日死去。73歳。長崎県出身。旧姓は朝長。本名は悌二郎。代表作に「渓流」「黄昏(たそがれ)」「寂光」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

あらきじっぽ【荒木十畝】

1872~1944) 日本画家。長崎県生まれ。本名、悌二郎。荒木寛畝の養嗣子。花鳥画を得意とする。芸術院会員。代表作「寂光」など。著「東洋画論」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒木十畝
あらきじっぽ
(1872―1944)

日本画家。長崎県生まれ。1892年(明治25)に上京、荒木寛畝(かんぽ)に師事し、やがてその養子となった。花鳥画を得意とし、初め日本画会、正派同志会に属したが、1908年(明治41)第2回文展に出品して以来官展一筋に歩み、旧派を代表する画家として重きをなした。1926年中国やタイで美術展を開き、また読画会をつくって後進を育てるなど、画界の振興にも尽力した。1937年(昭和12)帝国芸術院会員。代表作は『黄昏(たそがれ)』『寂光』など。著書に『東洋画論』がある。[原田 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒木十畝の関連キーワード石原喜久太郎奥田亀造佐伯芳馬竹内類治築田多吉鳥居清種(2代)中桐確太郎中村寛澄二条正麿林仙之

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荒木十畝の関連情報