コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木十畝 あらき じっぽ

デジタル大辞泉の解説

あらき‐じっぽ【荒木十畝】

[1872~1944]日本画家。長崎の生まれ。寛畝(かんぽ)に学び、のち養子となる。文展・帝展で活躍した旧派系の代表的画家。代表作寂光」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木十畝 あらき-じっぽ

1872-1944 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治5年9月3日生まれ。荒木寛畝(かんぽ)にまなび,のち娘婿となる。明治30年日本画会を創立。花鳥画を得意とし,文展,帝展に出品,43年日英大博覧会で「初夏」が金牌。芸術院会員。昭和19年9月11日死去。73歳。長崎県出身。旧姓朝長。本名は悌二郎。代表作に「渓流」「黄昏(たそがれ)」「寂光」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あらきじっぽ【荒木十畝】

1872~1944) 日本画家。長崎県生まれ。本名、悌二郎。荒木寛畝の養嗣子。花鳥画を得意とする。芸術院会員。代表作「寂光」など。著「東洋画論」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒木十畝
あらきじっぽ
(1872―1944)

日本画家。長崎県生まれ。1892年(明治25)に上京、荒木寛畝(かんぽ)に師事し、やがてその養子となった。花鳥画を得意とし、初め日本画会、正派同志会に属したが、1908年(明治41)第2回文展に出品して以来官展一筋に歩み、旧派を代表する画家として重きをなした。1926年中国やタイで美術展を開き、また読画会をつくって後進を育てるなど、画界の振興にも尽力した。1937年(昭和12)帝国芸術院会員。代表作は『黄昏(たそがれ)』『寂光』など。著書に『東洋画論』がある。[原田 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

荒木十畝の関連キーワード荒木光太郎小室 翠雲山下 紅畝永瀬 義郎小林 観爾3月15日三上 正寿山下紅畝三上正寿永瀬義郎永田春水森 白甫小室翠雲小林観爾木本大果宮田司山森白甫

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒木十畝の関連情報