小宮藤馬(読み)こみや とうま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小宮藤馬 こみや-とうま

1841-1903 明治時代の公共事業家。
天保(てんぽう)12年生まれ。肥前高来(たかく)郡(長崎県)長田村の人。戊辰(ぼしん)戦争では佐賀藩に属して転戦。明治22年村長となり,海岸の埋め立て工事を手がけ,34年約25haの農地をひらいた。明治36年11月14日死去。63歳。本姓寺田

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android