コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小寺藍州 こてら らんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小寺藍州 こてら-らんしゅう

1787-1858 江戸時代後期の儒者。
天明7年生まれ。赤松鳩峰に師事,その養子となる。安芸(あき)(広島県)の頼(らい)春水にまなんだのち,郷里阿波(あわ)(徳島県)で私塾をひらく。書画の鑑識にすぐれていた。安政5年9月18日死去。72歳。本姓は太田。名は需。字(あざな)は士亨。通称は需三郎。別号に含垢子。号は藍洲ともかく。

小寺藍州 おでら-らんしゅう

こてら-らんしゅう

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小寺藍州の関連キーワード寛政の改革安政の大獄寛政改革フェデラリスツ桂川甫粲緑色岩森羅万象小林良典ペリー安田雷洲

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone