コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小寺藍州 こてら らんしゅう

2件 の用語解説(小寺藍州の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小寺藍州 こてら-らんしゅう

1787-1858 江戸時代後期の儒者。
天明7年生まれ。赤松鳩峰に師事,その養子となる。安芸(あき)(広島県)の頼(らい)春水にまなんだのち,郷里阿波(あわ)(徳島県)で私塾をひらく。書画の鑑識にすぐれていた。安政5年9月18日死去。72歳。本姓は太田。名は需。字(あざな)は士亨。通称は需三郎。別号に含垢子。号は藍洲ともかく。

小寺藍州 おでら-らんしゅう

こてら-らんしゅう

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小寺藍州の関連キーワード浅見巣雲奥山四娟五井鶴城佐藤東斎左脇明竜菅新菴竹田梧亭竹内長水天竺老人門司東里