小寺藍州(読み)こてら らんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小寺藍州 こてら-らんしゅう

1787-1858 江戸時代後期の儒者。
天明7年生まれ。赤松鳩峰に師事,その養子となる。安芸(あき)(広島県)の頼(らい)春水にまなんだのち,郷里阿波(あわ)(徳島県)で私塾をひらく。書画鑑識にすぐれていた。安政5年9月18日死去。72歳。本姓は太田。名は需。字(あざな)は士亨。通称は需三郎別号に含垢子。号は藍洲ともかく。

小寺藍州 おでら-らんしゅう

こてら-らんしゅう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android