コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島勗 こじま つとむ

1件 の用語解説(小島勗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島勗 こじま-つとむ

1900-1933 大正-昭和時代前期の小説家,劇作家。
明治33年6月1日生まれ。大正14年関東大震災当時の刑務所を舞台にした小説「地平に現れるもの」を「早稲田文学」に発表し,発禁処分をうけた。昭和6年日本プロレタリア作家同盟に所属。堅実な作風で知られ,戯曲に「遥かなる眺望」「ケルンの鐘」など。昭和8年1月6日死去。34歳。長野県出身。早大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小島勗の関連キーワード丹下左膳晩年伊豆の踊子ヒルトン中国映画日活(株)産業組合ガボールガルモ[山]シュナーベル

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone