小島彤山(読み)こじま とうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島彤山 こじま-とうざん

1794-1845 江戸時代後期の彫刻家。
寛政6年生まれ。精密な細工を得意とし,象牙(ぞうげ)根付け「盧生邯鄲夢(ろせいかんたんのゆめ)」は頼山陽(らい-さんよう)に激賞されたという。書画骨董鑑識にもすぐれた。弘化(こうか)2年7月16日死去。52歳。丹後(京都府)出身。名は(あざな)は子産。別号に丹山

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android