コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島正重 こじま まさしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島正重 こじま-まさしげ

?-1668 江戸時代前期の治水家。
親戚(しんせき)の関東郡代伊奈忠治(いな-ただはる)と利根川の改修にあたる。寛永17年(1640)下総(しもうさ)葛飾(かつしか)郡庄内(しょうない)領(千葉県)内をながれる庄内古川の水害をふせぐため新水路(江戸川)の開削を伊奈に提案,十数年で完成させた。のち庄内領代官。寛文8年4月28日死去。三河(愛知県)出身。通称は庄右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小島正重の関連キーワードニュートン(Sir Isaac Newton)オニビシオニビシの姉モリエール吉原(遊廓)雨森芳洲逸然オヤングレン大クープラン元政

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android