コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島正重 こじま まさしげ

1件 の用語解説(小島正重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島正重 こじま-まさしげ

?-1668 江戸時代前期の治水家。
親戚(しんせき)の関東郡代伊奈忠治(いな-ただはる)と利根川の改修にあたる。寛永17年(1640)下総(しもうさ)葛飾(かつしか)郡庄内(しょうない)領(千葉県)内をながれる庄内古川の水害をふせぐため新水路(江戸川)の開削を伊奈に提案,十数年で完成させた。のち庄内領代官。寛文8年4月28日死去。三河(愛知県)出身。通称は庄右衛門。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小島正重の関連キーワードオニビシ吉原(遊廓)逸然元政守銭奴文字銭八百屋お七夕張岳寓話集劇詩論

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone