コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島正重 こじま まさしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島正重 こじま-まさしげ

?-1668 江戸時代前期の治水家。
親戚(しんせき)の関東郡代伊奈忠治(いな-ただはる)と利根川の改修にあたる。寛永17年(1640)下総(しもうさ)葛飾(かつしか)郡庄内(しょうない)領(千葉県)内をながれる庄内古川の水害をふせぐため新水路(江戸川)の開削を伊奈に提案,十数年で完成させた。のち庄内領代官。寛文8年4月28日死去。三河(愛知県)出身。通称は庄右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小島正重の関連キーワードニュートン(Sir Isaac Newton)オニビシオニビシの姉モリエール吉原(遊廓)雨森芳洲逸然オヤングレン大クープラン元政

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android