コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島正重 こじま まさしげ

1件 の用語解説(小島正重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島正重 こじま-まさしげ

?-1668 江戸時代前期の治水家。
親戚(しんせき)の関東郡代伊奈忠治(いな-ただはる)と利根川の改修にあたる。寛永17年(1640)下総(しもうさ)葛飾(かつしか)郡庄内(しょうない)領(千葉県)内をながれる庄内古川の水害をふせぐため新水路(江戸川)の開削を伊奈に提案,十数年で完成させた。のち庄内領代官。寛文8年4月28日死去。三河(愛知県)出身。通称は庄右衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小島正重の関連キーワード有馬胤滋今城宇兵衛太田典徳香西晳雲鎌津田甚六斎藤重兵衛佐藤新右衛門中島林蔵古郡重政真弓長左衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone