コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸川 えどがわ

8件 の用語解説(江戸川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸川
えどがわ

千葉県と茨城,埼玉両県および東京都の境界を流れ東京湾に注ぐ利根川の支流。全長 59.89km。元は上流を渡良瀬川,下流を太日 (ふとひ) 川と呼んだが,承応3 (1654) 年に治水工事による水路の変更が行なわれ,以後野田市関宿から分岐する江戸川が生まれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えど‐がわ〔‐がは〕【江戸川】


利根川の支流。千葉県北西端の野田市関宿(せきやど)で分流し、東京湾に注ぐ。下流は、河川法では市川市を流れる江戸川放水路を主流とする。長さ59.9キロ。
神田川中流の呼称。東京都文京区水道・関口の江戸川橋の辺り。
東京都東部の区名。江戸川と荒川の間にあり、東京湾に面する。人口67.9万(2010)。
江戸川紙」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

江戸川【えどがわ】

千葉県野田市関宿で利根川から分かれ,東京湾に至る長さ60kmの川。もと利根川の本流で,1654年の河道改修で分流となった。以来関東水運の要脈として利用され,河岸に東宝珠花,松戸,行徳,浦安などの集落が発達した。
→関連項目浦安[市]御留川関東平野埼玉[県]境[町]関宿[町]関宿関千葉[県]利根川流山[市]松戸[市]松伏[町]三郷[市]吉川[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えどがわ【江戸川】

千葉県関宿町で利根川から分流して東京湾に注ぐ川。西岸は東京都と埼玉県,東岸は千葉県である。長さ59km,流域面積75km2,下流に江戸川放水路(長さ2.8km,幅300m)を掘って洪水の際早く海に排水している。かつては利根川と渡良瀬川が東京湾に注いでいたが,元和年間(1615‐24)両川を連結,1654年(承応3)の拡幅工事などにより利根川の本流は香取海(かとりうみ)に流れるように付け替えられ,利根川の旧河道が江戸川となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えどがわ【江戸川】

姓氏の一。

えどがわ【江戸川】

東京都と千葉県との境を流れ、東京湾に注ぐ川。利根川の一分流。長さ60キロメートル。
隅田川の支流。神田上水の余水を文京区関口台付近で受け、飯田橋付近で外堀の水を併せて神田川となる。
東京都東部、二三区の一。江戸川と荒川とに挟まれ、東京湾に面する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕江戸川(えどがわ)


関東平野南部を流れる川。1級河川(利根(とね)川水系)。延長53km。茨城県西部で利根川から分流し、茨城・埼玉・千葉・東京の都県境を南流、千葉県市川(いちかわ)市で東京湾に流出する。近世初頭まではほぼ利根川・渡良瀬(わたらせ)川の本流筋だったが、江戸東郊の治水と新田開発のため利根川・渡良瀬川の流路を鬼怒(きぬ)川筋に通じて下総(しもうさ)(千葉県)銚子(ちょうし)方向に変える瀬替(せが)え工事が行われ、1654年(承応(じょうおう)3)完全に利根川の分流となった。市川市と東京都江戸川区との間の江戸川水門から旧江戸川を分流する。東京都と千葉県西部の上水道源・工業用水に利用される。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸川
えどがわ

関東地方を流れる利根(とね)川の分流。一級河川。千葉県野田市北端で利根川の本流と分かれ、流山(ながれやま)、松戸の各市を通り、市川市で東京湾に注ぐ川。延長約60キロメートル、流域面積約200平方キロメートル。上流から茨城県、埼玉県、千葉県、東京都との境界をなしている。近世までは渡良瀬(わたらせ)川を上流とする太日(ふとひ)川(太井(ふとい)川)として東京湾に注いでいたが、江戸幕府は江戸を水害から守るため、1654年(承応3)利根川と渡良瀬川の河道を変え、銚子(ちょうし)へ東流させてから、利根川分流の江戸川となった。また、かつては千葉県浦安(うらやす)市と東京都江戸川区の間を流れ東京湾に注ぐ流路を江戸川といったが、1919年(大正8)千葉県市川市に江戸川放水路を開削し、現河川法では、下流部は江戸川放水路が本流、もとの江戸川を旧江戸川とよんでいる。江戸時代は、利根川水運で栄え、いわゆる内川(うちかわ)回りとして、銚子、佐原(さわら)、野田、流山を経、海産物や醸造品の大半が江戸川を利用して江戸に運ばれた。1890年(明治23)利根運河を野田下流に開いて水路短縮が図られ、明治末まで隆盛を保ったが、鉄道の開通によって大正時代以後、水運は急激に衰微した。現在は、葛飾(かつしか)地域の幹線排水路、さらに東京都の江東地区と左岸の沿岸諸都市と船橋市、千葉市の上水道源になっており、産業用水にも利用されている。江戸川が形成した沖積低地は、潮入りの被害があるため、江戸時代はハス田が多く、行徳(ぎょうとく)付近は塩田であったが、近年の都市化の進行、とくに営団地下鉄(現東京メトロ)東西線開通(1969)後の沿線変貌(へんぼう)は著しい。下流に東京都立水元(みずもと)公園と江戸川水門があり、浦安市の埋立地には大遊園地東京ディズニーランドがある。[菊池万雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の江戸川の言及

【神田川】より

…近世には水質も良く,水量も確保できたから,現在の文京区関口1丁目あたりで取水のうえ,文京区・千代田区の一部へ配水されていた。そのため神田川は長い間,取水地点より上流部を神田上水,JR飯田橋駅付近までを江戸川,下流部を神田川として区別していた。下流部のうちJR御茶ノ水駅付近に見られる切割の河道は,江戸幕府の手による人工河川である。…

【四川奉行】より

…江戸幕府の職制。1725年(享保10)に新設された勘定奉行配下の役職で,江戸川,鬼怒川,小貝川,下利根川の4川の治水事業を担当した。28年には職掌地域が関東一帯に拡大された。…

【武蔵国】より

… こうした村数,石高の増加は,新田開発の結果によることが大きい。近世初頭には江戸川,荒川および多摩川の下流地域に水田が多く開かれていった。この地域の開発のために,治水,利水の工事が行われた。…

※「江戸川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

江戸川の関連キーワード浅川浅野川綾川磐井川巴波川思川鏑川烏川広瀬川姿川

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

江戸川の関連情報