小崎トマス(読み)こざき トマス

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小崎トマス こざき-トマス

1583-1597* 織豊時代のキリシタン。
天正(てんしょう)11年生まれ。二十六聖人のひとり。父ミゲルがはたらいていた京都の教会建設現場で作業をてつだい,文禄(ぶんろく)4年ごろ洗礼をうける。慶長元年父とともに捕らえられ,12月19日長崎の西坂殉教。14歳。護送される途中でかいた故郷の母あての手紙がのこる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android