小川其瀾(読み)おがわ きらん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川其瀾 おがわ-きらん

1839-1862 幕末の儒者。
天保(てんぽう)10年生まれ。伊勢(いせ)の津で斎藤拙堂に師事。江戸にでて,安積艮斎(あさか-ごんさい),羽倉簡堂の門でまなび,のち昌平黌(しょうへいこう)にはいった。文久2年9月6日死去。24歳。志摩(三重県)出身。名は粛,万。字(あざな)は寛卿,万甫。別号に城山。著作に「其瀾遺稿」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android