コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川其瀾 おがわ きらん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川其瀾 おがわ-きらん

1839-1862 幕末の儒者。
天保(てんぽう)10年生まれ。伊勢(いせ)の津で斎藤拙堂に師事。江戸にでて,安積艮斎(あさか-ごんさい),羽倉簡堂の門でまなび,のち昌平黌(しょうへいこう)にはいった。文久2年9月6日死去。24歳。志摩(三重県)出身。名は粛,万。字(あざな)は寛卿,万甫。別号に城山。著作に「其瀾遺稿」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小川其瀾の関連キーワードタンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)デグロン島津久光ケイ=シャトルワースビスマルク余計者

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android