小川志純(読み)おがわ ゆきとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川志純 おがわ-ゆきとう

1730-1814 江戸時代中期-後期の武士,郷土史家。
享保(きょうほう)15年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。寛政元年町奉行となる。公務の余暇を利用して古跡の調査や郷土資料の収集をおこない,杉山正仲(まさなか)とともに「筑後(ちくご)志」を編修した。文化11年5月死去。85歳。通称は万次郎,勘左衛門。名は別に正格。著作に「筑後国式社考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android