コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川正孝 おがわ まさたか

2件 の用語解説(小川正孝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川正孝 おがわ-まさたか

1865-1930 明治-昭和時代前期の化学者。
元治(げんじ)2年1月26日生まれ。一高教授,東京高師教授をへて明治44年東北帝大教授。大正8年総長となる。明治41年新元素を発見したと発表したが,誤認とわかった。昭和5年7月11日死去。66歳。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

おがわまさたか【小川正孝】

1865~1930) 化学者。愛媛松山藩の生まれ。東北大学教授、後に総長。無機化学を研究。1908年(明治41)四三番元素としてニッポニウムを発見したが、のちに否定された。現在、彼が発見した元素は、七五番レニウムだったことがわかっている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小川正孝の関連キーワード林其山服部李曠奥村恭法小林慈阿コーツストックブリッジドミニカ龍馬1865西原柳雨モンポウ:前奏曲 第6番/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小川正孝の関連情報