コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川祐忠 おがわ すけただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川祐忠 おがわ-すけただ

?-1601 織豊時代の武将。
豊臣秀吉につかえ,伊予(いよ)(愛媛県)府中城主となり7万石を領する。関ケ原の戦いでは,はじめ西軍についたが,東軍にねがえった。徳川家康は祐忠の行動をみとめず所領は没収された。慶長6年死去。近江(おうみ)(滋賀県)出身。幼名は孫一郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小川祐忠の関連キーワード朽木陣屋豊臣秀吉今治藩実乗

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小川祐忠の関連情報