小松姫(読み)こまつひめ

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:元和6(1620)
生年:天正1(1573)
安土桃山・江戸時代初期の武家の女性。真田信之の妻,本多忠勝の娘。慶長5(1600)年,信濃(長野県)真田氏は徳川家康に従って会津追討に参加したが,石田三成の挙兵により,夫信之は徳川方,舅昌幸は石田方に属した。上田城に引き揚げる途中信之の沼田城に立ち寄った昌幸に対し,小松姫は敵としてその入城を拒否し,家臣の家族を城にとどめ,城外に野営した昌幸の軍勢との抗争を取り締まった。その思慮の深さは舅昌幸からも称賛された。

(西村圭子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android