コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松姫 こまつひめ

1件 の用語解説(小松姫の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

小松姫

没年:元和6(1620)
生年:天正1(1573)
安土桃山・江戸時代初期の武家の女性。真田信之の妻,本多忠勝の娘。慶長5(1600)年,信濃(長野県)真田氏は徳川家康に従って会津追討に参加したが,石田三成の挙兵により,夫信之は徳川方,舅昌幸は石田方に属した。上田城に引き揚げる途中信之の沼田城に立ち寄った昌幸に対し,小松姫は敵としてその入城を拒否し,家臣の家族を城にとどめ,城外に野営した昌幸の軍勢との抗争を取り締まった。その思慮の深さは舅昌幸からも称賛された。

(西村圭子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小松姫の関連キーワード牧興相酒井貞月弘尊安土桃山時代上田政常横目付亀井玆矩たし殿

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小松姫の関連情報