小林 古径(読み)コバヤシ コケイ

20世紀日本人名事典の解説

小林 古径
コバヤシ コケイ

明治〜昭和期の日本画家 東京美術学校教授。



生年
明治16(1883)年2月11日

没年
昭和32(1957)年4月3日

出生地
新潟県上越市

本名
小林

主な受賞名〔年〕
文化勲章〔昭和25年〕,文化功労者〔昭和26年〕

経歴
少年時代、青木香葩らに歴史画を学び、明治32年上京、梶田半古の門に入り、日本絵画協会共進会に「村上義光」を出品して入選。40年第1回文展に「闘草」が入選。41年安田靫彦らと紅児会を結成、「重盛」「踏絵」などを出品。大正元年第6回文展の「極楽井」で注目された。3年日本美術院の再興院展に「異端」を出品、同人に推され「阿弥陀堂」「竹取物語」などを発表。11年美術院留学生として前田青邨らと渡欧、ロンドンで「女史箴図巻」を模写。翌年帰国。昭和10年帝国美術院会員、12年芸術院会員、19年帝室技芸員となった。また同年東京美術学校教授。戦後も東京芸大教授として26年まで在職。25年文化勲章受章。他に「いでゆ」「鶴と七面鳥」「清姫」「髪」「楊貴妃」などが有名。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

小林 古径 (こばやし こけい)

生年月日:1883年2月11日
明治時代-昭和時代の日本画家。東京芸術大学教授
1957年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小林 古径の関連情報