コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶田半古 かじた はんこ

7件 の用語解説(梶田半古の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

梶田半古

日本画家。東京生。名は錠次郎。初め鍋田玉英に師事し、のち鈴木華邨に学ぶ。門下に小林古径前田青邨奥村土牛等がいる。人物・花鳥を能くし、浪漫的作風が特徴で、挿絵で名声を博する。大正6年(1917)歿、48才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かじた‐はんこ〔かぢた‐〕【梶田半古】

[1870~1917]日本画家。東京の生まれ。本名、錠次郎。初め四条派、のち南画を学ぶ。写実的な風俗画を得意とし、挿絵でも知られた。門下に小林古径・前田青邨・奥村土牛ら。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

梶田半古【かじたはんこ】

明治の日本画家。東京生れ。本名錠次郎。初め鍋田玉英,鈴木華邨らに師事,のち日本青年絵画協会を組織して,明治画壇に新風を吹き込んだ。門下に小林古径前田青邨など。
→関連項目奥村土牛北田薄氷

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶田半古 かじた-はんこ

1870-1917 明治時代の日本画家。
明治3年6月25日生まれ。鍋田玉英,石井鼎湖(ていこ),鈴木華邨(かそん)にまなぶ。明治24年日本青年絵画協会の結成に参加,のち日本美術院で活躍。「春宵怨(しゅんしょうえん)」など浪漫的な作品を発表。門下から小林古径,前田青邨(せいそん),奥村土牛らがでた。大正6年4月23日死去。48歳。東京出身。名は錠次郎。別号に玉洲。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

梶田半古

没年:大正6.4.23(1917)
生年:明治3.6.25(1870.7.23)
明治大正期の日本画家。金工家梶田政晴の長男。東京下谷生まれ。本名錠次郎。鍋田玉英に四条派を学んだのち,諸派を研究,菊池容斎にも私淑し歴史画を研究した。明治24(1891)年日本青年絵画協会,29年日本絵画協会,31年日本画会の結成に参加。新聞や雑誌の挿絵も数多く手がけ,37年には図案集『若草』を出版。故事,服飾,図案に通じた。日本美術院には,正員ではなく特別賛助員としてやや距離をおいた形で参加したが,半古の門下には,小林古径,前田青邨,奥村土牛ら,のちに日本美術院を背負う多くの作家が育った。代表作「春宵怨」(1902,東京国立博物館蔵)など。

(佐藤道信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かじたはんこ【梶田半古】

1870~1917) 日本画家。本名、錠次郎。別号、玉州。東京生まれ。着実な描写力で浪漫的な風俗画をよくし、紅葉らの小説の挿絵でも著名。門下に、小林古径・前田青邨らが輩出。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梶田半古
かじたはんこ
(1870―1917)

日本画家。本名錠次郎(ていじろう)。東京・下谷の生まれ。初め四条派の鍋田(なべた)玉英、ついで南画の石井鼎湖(ていこ)、さらに菊池容斎門の鈴木華邨(かそん)に師事し、諸派の表現を摂取融合しながら写実を土台とする独自の画風を打ち立てた。1891年(明治24)日本青年絵画協会創立に参加し、のち日本絵画協会、日本美術院で活躍。工芸図案、挿絵でも知られた。後進の育成にも力を尽くし小林古径(こけい)、前田青邨(せいそん)、奥村土牛(とぎゅう)らをその門から出している。代表作に『春宵怨(しゅんしょうえん)』がある。[原田 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の梶田半古の言及

【イラストレーション】より

… 1885年に硯友社がおこり,続いて活版印刷による雑誌類が広まるにつれ,挿絵画家としては井上探景(安治),歌川国松らの浮世絵師のほかに,菊池容斎の《前賢故実》の影響をうけた渡辺省亭,三島蕉窓,武内桂舟,尾形月耕らが出た。《文芸俱楽部》《新小説》《都の花》などの挿絵,口絵で活躍し,尾崎紅葉の《金色夜叉》を手がけた武内桂舟(1861‐1943),小杉天外の《魔風恋風》を描いた梶田半古(1870‐1917)が特に人気を集めた。95年から96年にかけて創刊された博文館の《文芸俱楽部》,春陽堂の《新小説》は文壇への登竜門の役割を果たしたが,幕末合巻ものの極彩色錦絵がこれらの巻頭口絵に復活し,両誌は画家にとってもひのき舞台となった。…

※「梶田半古」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

梶田半古の関連キーワード松本楓湖尾形月耕鈴木松僊中野其玉前川孝嶺新井広成北田薄氷池田政員池田政晴千種掃雲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梶田半古の関連情報