コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林五郎左衛門 こばやし ごろうざえもん

1件 の用語解説(小林五郎左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林五郎左衛門 こばやし-ごろうざえもん

?-1687 江戸時代前期の殖産家。
安芸(あき)草津村(広島市西区)の人。延宝(1673-81)のころ広島湾の干潟(ひがた)で篊建(ひびたて)による牡蠣(かき)の養殖法を考案。河面(こうも)仁右衛門とともに干潟海面使用許可を得,生産から販売までの組織化につくした。貞享(じょうきょう)4年11月10日死去。通称は小西屋五郎八

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の小林五郎左衛門の言及

【養殖】より

… 海ではカキの養殖が最も古い歴史をもち,紀元前にローマですでに養殖が行われており,カキ養殖場の争奪のために戦争になったこともあるという。日本のカキ養殖も300年以上の歴史があり,1673年(延宝1)小林五郎左衛門が広島湾で海中に竹ひびを建てて稚貝を付着させ,養殖を図ったのが始めと伝えられている。現在普及している貝殻を海中に垂下する採苗法は,大正末期に考案されたものであるが,そのヒントとなったのはアメリカに輸出された移殖用の親ガキの貝殻に付着していた稚貝が,親ガキは輸送中に死亡したにもかかわらず,生き残って成長したことであった。…

※「小林五郎左衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

小林五郎左衛門の関連キーワード岡清兵衛グンゼパルテノン神殿政府の途上国援助(ODA)サンマ水揚げ量笈の小文鹿島紀行金農ニュートン足尾[町]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone