コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林恒太郎 こばやし つねたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林恒太郎 こばやし-つねたろう

1850-1876 幕末-明治時代の武士,士族。
嘉永(かえい)3年生まれ。肥後熊本藩士。林桜園(おうえん)に国学を,井戸千矛に兵法をまなび,勤王の志をいだく。明治9年新政府の廃刀令などに反対して挙兵した神風連の乱に参謀として参加。敗れて同年10月28日自刃(じじん)した。27歳。名は長保

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林恒太郎の関連キーワード明治時代嘉永士族

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android