コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長保 チョウホウ

デジタル大辞泉の解説

ちょうほう〔チヤウホウ〕【長保】

平安中期、一条天皇の時の年号。999年1月13日~1004年7月20日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうほう【長保】

年号(999.1.13~1004.7.20)。長徳の後、寛弘の前。一条天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ちょうほう【長保】

日本の元号(年号)。平安時代の999年から1004年まで、一条(いちじょう)天皇の代の元号。前元号は長徳(ちょうとく)。次元号は寛弘(かんこう)。999年(長徳5)1月13日改元。旱魃(かんばつ)の凶事を振り払うために行われた(災異改元)。『周易(しゅうえき)』『国語(こくご)』を出典とする命名。長保年間は、藤原道長(みちなが)が左大臣として朝廷の実権を握っていた。986年(寛和(かんな)2)の一条天皇の即位後、摂政・関白の藤原道隆(みちたか)が娘の定子(ていし)を一条天皇の中宮とした。道隆の後、弟の道長は1000年(長保2)に定子を皇后とすることで、自分の娘の彰子(しょうし)を一条天皇の中宮とし、自らの権力基盤を固めた。この「一帝二后」は史上初のことで、その後の先例ともなった。定子には清少納言(せいしょうなごん)が、彰子には紫式部(むらさきしきぶ)や和泉式部(いずみしきぶ)が仕え、平安宮廷の女流文学が開花した時期でもある。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

長保の関連キーワード和歌山県海南市下津町上大春日遠晴長徳藤原重家(1)藤原寛子(2)見そこなはす和泉式部日記聖衆来迎寺小林恒太郎当子内親王子島曼荼羅『枕草子』小笠原長会媄子内親王藤原公成藤原原子藤原定子木下長監安倍吉昌為尊親王巨勢弘高

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android