長保(読み)チョウホウ

大辞林 第三版の解説

ちょうほう【長保】

年号(999.1.13~1004.7.20)。長徳の後、寛弘の前。一条天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ちょうほう【長保】

日本の元号(年号)。平安時代の999年から1004年まで、一条(いちじょう)天皇の代の元号。前元号は長徳(ちょうとく)。次元号は寛弘(かんこう)。999年(長徳5)1月13日改元。旱魃(かんばつ)の凶事を振り払うために行われた(災異改元)。『周易(しゅうえき)』『国語(こくご)』を出典とする命名。長保年間は、藤原道長(みちなが)が左大臣として朝廷の実権を握っていた。986年(寛和(かんな)2)の一条天皇の即位後、摂政・関白の藤原道隆(みちたか)が娘の定子(ていし)を一条天皇の中宮とした。道隆の後、弟の道長は1000年(長保2)に定子を皇后とすることで、自分の娘の彰子(しょうし)を一条天皇の中宮とし、自らの権力基盤を固めた。この「一帝二后」は史上初のことで、その後の先例ともなった。定子には清少納言(せいしょうなごん)が、彰子には紫式部(むらさきしきぶ)や和泉式部(いずみしきぶ)が仕え、平安宮廷の女流文学が開花した時期でもある。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長保の関連情報