コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚弥之助 おおつかやのすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大塚弥之助
おおつかやのすけ

[生]1903.7.11. 東京
[没]1950.8.7.
地質学者。東京大学地質学科卒業 (1929) 。地震研究所所員,東京文理科大学,東京大学教授。日本列島新生代地質構造発達史に大きな業績を残した。主著『日本の地質構造』 (42) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおつか‐やのすけ〔おほつか‐〕【大塚弥之助】

[1903~1950]地質学者。東京の生まれ。東京帝大地震研究所員・同大教授。地形学古生物学堆積学などを幅広く研究、活断層などの先駆的研究者として知られる。著作に「日本の地質構造」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大塚弥之助【おおつかやのすけ】

地質学者。東京生れ。東大卒。東京文理大,東大教授。地震研究所員。日本の新生代の地質構造の代表的研究者。第四紀の構造を地形学と層位学の両面から初めて系統づけ,また化石の研究から第三紀地殻変形の性格を論じ,現在の地殻運動をも追求。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚弥之助 おおつか-やのすけ

1903-1950 昭和時代の地質学者。
明治36年7月11日生まれ。昭和5年東京帝大地震研究所にはいり,18年同大教授。東京文理大教授を兼任した。層位学,構造地質学などを研究し,日本の新生代の地殻運動の解明につくす。昭和25年8月7日死去。47歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「日本の地質構造」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおつかやのすけ【大塚弥之助】

1903~1950) 地質学者。東京生まれ。東大教授。在学中から野外調査に精励し、地形学・古生物学・堆積学など広範な分野で活躍。新生代の地質構造研究に画期的な業績を残す。地震学にも大きく貢献。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大塚弥之助
おおつかやのすけ
(1903―1950)

地質学者。東京生まれ。1929年(昭和4)東京帝国大学地質学科を卒業。在学中から徹底した野外調査を重ねて、湘南(しょうなん)地方の第三紀・第四紀の層序、地形発達史の研究から、全国各地の新生代地質構造を解明した。一方、東大地震研究所員として地震、火山、温泉の調査報告も多く、化石研究でも一家を成した。1931年の『岩波講座・第四紀』は画期的業績と評価され、1938年『日本の第三紀の地殻変形』で理学博士となる。1939年から4回にわたって大陸の調査を行い、1943年東大の教授に進んで層位学と東亜地質を、兼任の東京文理科大学教授としては自然地理を講じた。同年インドシナの調査旅行でデング熱にかかってから健康を害し、47歳で死去した。主著『日本の地質構造』ほか著書論文250編。地理学、地震学などの関連分野にも大きな影響を与えた。[石山 洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大塚弥之助の言及

【活褶曲】より

…地層が波状に変形した構造を褶曲といい,この変形構造をつくる作用が現在まで継続している場合,その変形構造を活褶曲という。活褶曲の研究は1940年代初頭の大塚弥之助の研究に始まる。大塚は,秋田県,山形県などにおいて,新第三紀層の褶曲軸を横切る河成段丘面が,褶曲構造と同じ傾向の変形をしていることや,水準測量の繰返しから求められる地盤の隆起・沈降が,褶曲が成長する向きに進行していることから,これらの地域の褶曲が現在も“生きている”と考えた。…

※「大塚弥之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大塚弥之助の関連キーワード大桑・万願寺動物群門ノ沢動物群しょうなん昭和時代下末吉層小林貞一活褶曲地震学大塚

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android