コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林重吉 こばやし じゅうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林重吉 こばやし-じゅうきち

1825-1902 幕末-明治時代の公共事業家。
文政8年1月13日生まれ。蝦夷(えぞ)地(北海道)箱館(はこだて)の町年寄で,漁場数ヵ所をもつ場所請負人戊辰(ぼしん)戦争のとき新政府軍に協力。明治10年日高の姨布(おばふ)村(三石町)に刻み昆布製造所をたて,輸出の道をひらく。新田開発植林,架橋にもつとめるほか,函館商船学校の基礎をきずいた。明治35年4月30日死去。78歳。幼名庄五郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林重吉の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android