コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林重吉 こばやし じゅうきち

1件 の用語解説(小林重吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林重吉 こばやし-じゅうきち

1825-1902 幕末-明治時代の公共事業家。
文政8年1月13日生まれ。蝦夷(えぞ)地(北海道)箱館(はこだて)の町年寄で,漁場数ヵ所をもつ場所請負人。戊辰(ぼしん)戦争のとき新政府軍に協力。明治10年日高の姨布(おばふ)村(三石町)に刻み昆布製造所をたて,輸出の道をひらく。新田開発や植林,架橋にもつとめるほか,函館商船学校の基礎をきずいた。明治35年4月30日死去。78歳。幼名は庄五郎

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小林重吉の関連キーワード安東九華上真節小川茂周柴田善平鷹野徳右衛門寺井種清萩原員光福田源兵衛万波芳二郎若槻武樹