コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小栗山喜四郎 こぐりやま きしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小栗山喜四郎 こぐりやま-きしろう

1676-1722 江戸時代中期の一揆(いっき)指導者。
延宝4年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)南山御蔵入領小栗山の農民。天領となってからの田島代官所の苛政(かせい)に怒り,一揆をおこして享保(きょうほう)6年幕府に直訴。享保7年7月1日同志5名とともに処刑される。47歳。のちに代官山田八郎兵衛は罷免された。

小栗山喜四郎 おぐりやま-きしろう

こぐりやま-きしろう

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小栗山喜四郎

没年:享保7.7.2(1722.8.13)
生年:生年不詳
江戸中期,奥州南山御蔵入騒動の義民。大沼郡小栗山村(福島県金山町)の生まれ。享保5(1720)年南山御蔵入領(福島県南会津郡全域および大沼郡の一部)の村々は年貢減免,江戸廻米反対などを要求し,田島代官所へ強訴,翌6年代表三十数人は幕府へ直訴した。喜四郎も直訴に参加,7年田島鎌倉崎で晒首となった。実際は資金調達・連絡役との説がある。伝記は明治31(1898)年杉原夷山『南山義民小栗山喜四郎』,大正9(1920)年石田伝吉『会津義民小栗山喜四郎伝』。同13年花見朔巳は「会津御蔵入騒動―小栗山喜四郎は義民にあらず」(『日本農民史』)を発表している。昭和3(1928)年田島町丸山公園内に夷山の選文による「南山義民之碑」が建立された。<参考文献>『田島町史』2巻,6巻下

(阿部俊夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小栗山喜四郎
おぐりやまきしろう
(1676―1722)

江戸中期、会津御蔵入(あいづおくらいり)騒動の義民。陸奥(むつ)国会津(福島県西部)南山(みなみやま)御蔵入郷小栗山の農民。御蔵入騒動は1720年(享保5)貢租、課役の減免と郷頭(ごうがしら)(大庄屋(おおじょうや)にあたる)の廃止を要求して、まず田島陣屋(南会津町)に強訴、さらに35人が江戸に越訴(おっそ)した一揆(いっき)。喜四郎ほか5人が死罪となったが、代官はその職を奪われ、郷頭で役儀を召し上げられたり、過料に処せられた者も出た。[横山十四男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小栗山喜四郎の関連キーワード徳川吉宗フョードル[3世]インノケンチウス11世アレクセイ・ミハイロビチシデナムライプニッツ松平信通池西言水コアペルストラレンベルグ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android